コンテンツにスキップ
当社のリーダーシップチーム
Matt Orlando
当社のリーダーシップチーム
Matt Orlando
法務顧問

Matt OrlandoはKenvueの法務顧問です。この役職において、Mattは、法務、コンプライアンス、プライバシー、グローバル セキュリティ、およびブランド保護の各組織を率いています。

Mattは以前、Johnson & Johnsonで企業広報部およびコーポレート ガバナンス担当ワールドワイド バイスプレジデントを務め、Johnson & Johnsonの取締役会および投資コミュニティとの連絡役を務めていました。投資家向け広報担当者、ならびに事業および部門のリーダーと緊密に連携するMattの責任には、次の項目が含まれます。長期的な価値創造と事業完全性の推進を支援するために当社のコーポレート ガバナンス慣行を継続的に強化すること。会社の委任勧誘状や「人類のための健康」レポートなど、広範かつ堅牢で継続的な開示を管理すること。当社の新たに策定された環境、社会、ガバナンス戦略の主導と立ち上げを支援すること。年次株主総会やその他の年間を通じた投資家エンゲージメント活動を主導すること。

オーストラリア、ヨーロッパ、米国での法務経験のあるMattは、複雑かつ急速に進化する地球環境に対して深い理解をもたらし、優秀な成績を収めたグローバルチームを率いたという実績があります。Mattは、Johnson & Johnsonでの15年以上の勤務期間中、グローバル ビジョンリーダーシップ チームに所属し、グローバル消費者医療機器部門の法務顧問を含む、さまざまな法務指導的役割を歴任しました。また、心臓血管・専門ソリューション(CSS)グループおよび CSS グローバル経営委員会のメンバーや、多くの医療機器ビジネスに関する地域弁護士も務めました。

Mattはキャリアを通して、価値観を重視したリーダーで、事業や同僚の成功に尽力するビジネスパートナーとして認められてきました。優秀な人材の育成に情熱を注ぐMattは、多くの人材育成イニシアチブに貢献し、組織全体で複数のリーダーシップおよび従業員リソース グループ(ERG)を後援してきました。彼は現在、南アジア プロフェッショナル ネットワーク協会(SAPNA) ERGのエグゼクティブ スポンサーを務めています。

Johnson & Johnsonに入社する前、Mattはブリュッセルの製薬会社UCBやオーストラリアの法律事務所で働いていました。Mattはオーストラリアのマードック大学で法律の学位と金融学の学位を取得しており、米国とオーストラリアで弁護士として活動することが認められています。


当社のリーダーシップチーム

当社のリーダーシップは消費者を反映しており、Kenvueに豊富な経験と多様な視点をもたらします。

Thibaut Mongon

最高経営責任者
ディレクター

Luani Alvarado

最高人事責任者

Russ Dyer

最高経営責任者

Charmaine England

最高成長責任者

Carlton Lawson

ヨーロッパ、中東、アフリカ担当グループプレジデント

Jan Meurer

グループプレジデント、北米

Matt Orlando

法務顧問

Rosana Padilla

ラテンアメリカ担当社長

Paul Ruh

最高財務責任者

Meri Stevens

最高執行責任者

Bernardo Tavares

最高技術・データ責任者

Caroline Tillett博士

最高科学責任者

Ellie Bing Xie

アジア太平洋、グループ社長

Natasha Zuyev

最高品質責任者
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink