コンテンツにスキップ

Kenvueは、サイエンスに基づく目標の検証により、Healthy Lives Missionと気候対策への取り組みを推進

Neutrogena®、Listerine®、Aveeno®、Tylenol®などの象徴的なブランドのメーカーは、Healthy Lives Missionを通じて人々と地球のウェルビーイングを促進することを目指しています

SKILLMAN, N.J. 2024年5月2日 – Kenvue Inc. (NYSE: KVUE)(Kenvue)は世界最大のコンシューマービジネス専業カンパニーであり、本日、短期的な温室効果ガス(GHG)排出削減目標がScience Based Targets Initiative(SBTi)によって検証されたことを発表しました。   

SBTiは、Kenvueの短期的な目標を、世界的な気温上昇を1.5°Cに制限するために必要な緊急措置に沿ったものとして検証しました。

  • Kenvueは、2020年の基準年度から2030年4までにスコープ1および2のGHG絶対排出量を1、2、3 42%削減することを約束
  • Kenvueはまた、購入した商品やサービスと上流の輸送と流通をカバーする排出量によって、サプライヤーの75%が2028年までにサイエンスに基づく目標を持つことを約束しています4

「私たちは、気候変動が世界中の人々や生態系にますます悪影響を及ぼしていることを認識しています。健全な未来を目指す企業として、当社は製品、事業、バリューチェーンを脱炭素化するための野心的な科学に基づいた排出削減目標と行動計画を設定しています」と Kenvue の ESG およびサステナビリティ担当グローバル責任者のPamela Gill-Alabaster* 氏は述べています。「私たちは、SBTiが私たちの気候目標を検証したことを誇りに思っています。この重要なマイルストーンは、前向きな変化を生み出し、私たちのHealthy Lives Missionを支援するために有意義な進歩を遂げるという私たちの意図を示しています。」

これらの検証済みの短期目標およびSBTiネットゼロ基準に基づく長期的なネットゼロエミッション目標を設定するというKenvueのコミットメントは、Kenvueの環境、社会、ガバナンス戦略であるHealthy Lives Missionをサポートします。人間の健康は環境の健康と不可分に結びついているという理解のもと、当社のHealthy Lives Missionは、人と地球の両方のウェルビーイングを前進させ、インパクトを促進するための目標とコミットメントを設定することを目指しています。

Kenvueについて
Kenvueは、世界最大の売上高を有するコンシューマービジネス専業カンパニーです。1世紀を超える伝統に基づいて構築され、サイエンスによって推進された当社の象徴的なブランド(Aveeno®、BAND-AID® ブランド絆創膏、Johnson's®、Listerine®、Neutrogena®、Tylenol®、Zyrtec® など)は医療機関から推奨されています。これらのブランドは、医療従事者だけでなく、日常生活を改善するために当社の製品を使用する消費者からも信頼されています。Kenvueでは、日常のケアの並外れた力を信じており、私たちのチームは毎日、その力を消費者の手に届け、消費者の心と家庭の中に場所を見つけるために日々働いています。詳細については、www.kenvue.comをご覧ください。

IR:
Tina Romani
〔保護された電子メール〕

メディア・リレーションズ:
Melissa Witt
〔保護された電子メール〕

* Menas Kizoulis は、Kenvueの子会社であるJohnson & Johnson Consumer Inc.の従業員です。

将来の見通しに関する記述についての注意事項。

本プレスリリースには、当社の気候目標およびHealthy Lives Missionに関する、1995年米国私募証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)で定義された「将来の見通しに関する記述」が含まれています。将来の見通しに関する記述は、「計画」、「期待」、「予定」、「予想」、「推定」、およびその他の同様の意味の単語の使用によって特定される場合があります。読者の皆さんは、これらの「将来の見通しに関する記述」に依存しないよう注意してください。かかる記述は、将来のイベントに対する現在の予想に基づいて作成されています。基礎となる仮定が不正確であると判明した場合、あるいは既知または未知のリスクや不確実性が現実化した場合、実際の結果は Kenvue の期待や予測から大きく逸脱する可能性があります。

リスク、不確実性、その他の要因のリストと説明は、2023年12月31日に終了した会計年度のフォーム10-K による年次報告書、およびその後のフォーム10-Q による四半期報告書を含む、証券取引委員会への Kenvue の提出書類に記載されています。 その他の提出書類は、www.kenvue.comで入手するか、Kenvue からの要求に応じて入手できます。Kenvueおよびその関連会社は、新しい情報、将来のイベントや展開などの結果であっても、将来の見通しに関する記述を更新する義務を負いません。


1. 建物の種類にかかわらず、Kenvueが運営管理をするすべてのKenvue所有施設、製造および/または研究開発に使用されるすべてのリース施設、および施設が50,000平方フィート(4645平方メートル)を超え、Kenvueが運営管理をするリース、非製造および/または非研究開発施設に適用されます。2020年のベースラインには、2023年にジョンソン・エンド・ジョンソンから分離された時点でKenvueの体制に沿ったすべての施設が含まれ、運営上または組織上の除外は含まれません。スコープ1は、ボイラーや化石燃料を使用する車両の運転などKenvue が直接生成する温室効果ガス(GHG)排出です。スコープ2は、Kenvueが間接的に生成する温室効果ガスのことで、室効果ガスや冷室用に購入した電気やエネルギーから排出されます。
2. 目標の境界には、土地関連の排出とバイオエネルギー原料からの除去が含まれます。
3. インベントリは、本プロトコルの改訂、GHGプロトコルスコープ2ガイダンス(2015年)を含む、WRI/WBCSD温室効果ガス(GHG)プロトコル – 企業会計および報告基準(改訂2013年版)に従って編集されました。
4. 年度末までに目標を達成し、翌年度に公表することを目指しています。


Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink